芍薬の花、終盤になりました

7月中旬にさしかかり、当苑の芍薬の花たちも終盤を迎えております。

今年は5月、6月と気温の低い日が多く、開花も例年より遅いものが多くみられました。

5月のひょう被害の後、被害を受けた株に若芽がたくさんつき、6月末に開花しました。

2ヶ月前のこの状況から、、、

まさかこんなに若芽が出て花が咲くとは??

花は小さく背丈も低いですが、芍薬の生命力に驚かされるばかりです。

こちらは「さつき」という品種になります。

がんばってたくさん咲いてくれてありがとう。。。

そして、この週末の芍薬苑の様子です。

芍薬の花はほとんどの種類の開花が終わり、もう終盤となりました。

今後、ユリやグラジオラスが咲いてくる予定です。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、苑内をぐるりとご覧ください。